ジョニーグリフィンのバンドの演奏より、ピアニスト、ロニーマシューズの枯葉の演奏です。

サックスソロの後に、ゆったりと聞かせた後、高速の演奏に戻ります。
有名なリハーモナイズや4度のパターンなど入れながら熱い演奏が繰り広げられます。
ソロの終盤で大きなレンジのボイシングでコードを弾くのも中々広がりがある演奏に聞こえます。

おすすめの記事