Vandorenの旧パッケージのリードが賞味期限を切れてきました。

リードにも賞味期限があるって知っていますか?

小生は10年前くらいにアルトで1箱1000円で旧パッケージセールというのをやっていて、福沢サンを何枚もはたいて大量に買いました。

全部で50箱くらい買ってまだ数箱残っているのですが、ついに使えなくなってきました。

20年くらい経つとリードはどうなるのか?

リードは葦です。竹というか木というか、木材と言ってもいいでしょう。

木材は切り立ては青々として水分を含んでいます。それを数年乾燥させていい感じにして売りに出しているわけです。

同然時間が経つと水分が失われていきます。

水分が失われると、青っぽい感じから黄色い感じになってきます。

 

 

 

 

 

 

この状態ならまだまだ使えます。通常の硬さよりはちょっとコシがあります。これでも20年くらいは経っているものです。

しかしここからさらに熟成が進むと、、、

変色してきます。

左のリードには茶色っぽい線がはいっているのがわかりますでしょうか?

裏面なんかかなり色がついてきています。

こういう風になってくると、乾きすぎていくら水分を含ませても鳴りません。

いや、、音は出なくはないけど、コシが強すぎてもう通常のリードの鳴り方ではなくなります。

この箱にはこのようなリードが5枚ほど入っていました。

さすがに古くなりすぎた!!!!

 

 

 

旧パッケージはそろそろ危ない

中国の偽物、、Yandorenなどのまがい物を駆逐するために作られた新パッケージもあえなくコピーされ、リードにシリアルを打つようになってから

早や数年。新パッケージになってからも20年弱が経とうとしています。在庫品ということですから、最後の旧パッケージだとしてもそろそろ20年以上は経っているわけで、さすがにそろそろこれらは使えなくなってきていると思います。安く売られていても、1箱空けてみて使えるか確認してから買うというでしょう。

 

サヨナラ!旧パッケージ!!!

 

 

 

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事