モブレーだもの 1月31日

ツーファイブ 2小節 クリシェの動き

tomo
2月からはしばらくクリシェ特集です

解説

ツーファイブではよく用いられるクリシェとしては2つあるが、ルートから半音で下がるクリシェの動き。この動きは形を変えて、様々なアイディアで演奏されるがモブレー司教のソロにも多彩なアイディアが見て取れる。これらのクリシェの動きはビバップ・ハードバッププレーヤーに必須のサウンドとしてなくてはならいなサウンドだが、モブレー先生のフレーズ学べば基本的な動きはすべて学べるであろう。しばらくはこれらのクリシェの動きを紹介していきます。

今回のフレーズは最も基本的な動きで、わかりやすく分散和音で提示している動き。クリシェのフレーズを始めるならまずここから学んでおきたいところ。

【ツーファイブでのクリシェについて】

クリシェとは慣用句という意味で、内声の動きに特徴のあるコード進行的な動きである。内声の動きにより数種類あるが、ツーファイブ進行で用いられるクリシェの動きは

主に以下の2種類である。 内声の動きの長さは特に決まりはなく、前後に動いたりする。例えば特に2つ目の例では、最下部の例のように最初のマイナーコードのナインスが次のドミナントセブンスに

食い込んで♮13の状態になってからb13に移行することもあるが、ただ前の音が少し伸びただけとも考えらえれる。 このように、動き方には多少のバリエーションがあり

それがこのクリシェによるアドリブの多彩さを生み出している。

12キーのPDF

20210131-#031

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事