モブレーだもの 2月5日

ツーファイブ 2小節 クリシェの動き

tomo
実はモブレー先生は、〇m7b5-〇7b9でも、このクリシェをよく使う。そしてメロディックマイナー的な明るい響きのかっこよさをアクセントにする。

 

 

 

解説

上記楽譜は、コード進行に準じた形で表記しているが、実はモブレー司教が元々使ったコード進行は、枯葉の2段目Bm7b5-E7-Am7 である。

この場合、最初の音がF#となっているので、フラットファイブではなく、ただのマイナーセブンコードでコード的には合っていない。 これは、いわゆるマイナーのツーファイブの時によく用いられる手法で、メロディックマイナーのサウンドを提示している効果がある。

それをクリシェで用いることで、さらにオシャレな明るいサウンドを暗いコード進行にぶつけているが、このクリシェの進行をマイナーのツーファイブでも用いると、モブレー教信仰が深まることをポイントとして押さえておきたいところ。

12キーのPDF

20210205-#036

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事