モブレーだもの 3月31日

ツーファイブ メジャーコードでのフレーズ

tomo
パッシングを使いながらコードトーンを縫うライン

解説

分散和音の動きにパッシングが加わり、非常に安定したラインを生み出している。一見何でもないような動きだが、拍のアタマにはコードトーンが来て、それ以外の部分はパッシングと分散和音から成る。またパッシングがあることによりこの2小節の中で解決を2回もしており、ビバップ的なテンションアンドリリースをこの短いラインの中で示してくれている素晴らしい例。この考え方が理解できれば、同じコードが続く場合でも、コード外の音の導入の仕方のヒントとなるお手本例。また、このようなラインをたくさん覚えることでビバップの本質に迫れるであろう。

12キーのPDF

20210331-#090

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事