モブレーだもの 3月02日

ツーファイブ メジャーコードでのフレーズ

 

tomo
ビバップスケールのまさに基本的な使い方

解説

Q:ビバップスケールで下がれるようになったら、次にすることは?  A: 分散和音で動く。

ビバップスケールで降りるとちょうどコードトーンが拍のアタマに来るので、そこで分散和音で駆け上がることができる。半音階を入れたスケールの動きや、分散和音の動きが正にビバップ、ハードバップであり、逆に言えばこれらの動きなくしてモダンジャズのスタイルとは言えないというほど、お手本となるメジャーコードでの動き方。ナインスも強調していたり、まさにビバップの極限をシンプルに極めたような美しいフレーズ。

12キーのPDF

20210302-#061

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事