365日 モブレー先生に学ぶ モブレーカレンダー”モブレーだもの”

ツーファイブ オルタードフレーズ

tomo
モブレー先生の最高必殺技!

解説

ブレッカー先生にも通ずる現代のオルタードの使い方を最も初期に始めた重要フレーズ。 C7 2小節の中で、Gm7⇒Ab⇒Gbという進行をちりばめた、まさにオルタードの神髄のようなサウンド。まだ、アッパーストラクチャーなどの観念が生まれる10年近く前に、すでにオルタードの模範的な使い方を1956年ごろには始める。 とりわけ、b6(b13)のアッパーストラクチャーをツーファイブで使うフレーズとしては、ジャズの歴史の中ではかなり初期のはず、、、おそらく初めて?

 

このように、ツーファイブ上で色々なサウンドを高速で弾くのは、まさにブレッカー的アプローチ。そのやり方をまさに最初に示してくれている、ハードバップ史上最高級に素晴らしいフレーズ。

モブレー先生ありがとう!

【音源出典元】 Art Blakey& Jazz Messengers  1956  track #10 "Late Show"

 

12キーのPDF

モブレーだものフレーズ#001-0101p

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事