モブレーだもの 1月3日

ツーファイブ オルタードフレーズ

tomo
モブレー先生のオルタード合わせ技!

解説

Key of Dの1小節のツーファイブを、A7 1発ととらえてオルタード的サウンドで弾いたオルタードサウンド合わせ技。 オルタードが内包するサウンドにはいくつかあるが、この短い時間にも、A+とEbの2つのサウンドをぶつけるハードバップ的サウンド。 モブレー司教は、A+=F+のA7から見たb6のサウンドから、全音下げて裏のコードを弾くことが好みであったようで、このような音の動きは彼のキャリアを通して多く見られる。(フレーズ#01を参照のこと

以下のように、長いツーファイブでも使うといいでしょう。
【音源出典元】 Art Blakey& Jazz Messengers  1956  "It's You Or No One" etc

究極のアドリブ学習こうざ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事